住いる建築工房|笑顔の絶えない棲いづくりをめざします

住いる建築工房ブログ

HOME > ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス

ZEH(ゼッチ)って何?

「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の頭文字を取ったものです。
室内外の環境品質を低下させることなく、高い断熱性能と高効率設備により可能なかぎりの省エネルギー化と再生可能エネルギー導入によって、年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅を指します。

ZEH導入の背景

2014年4月「エネルギー基本計画」が閣議決定されました。我が国のエネルギー源の中心は化石燃料であり、その多くは輸入に頼っており調達に脆弱性を抱えており不安定であること。一方、東日本大震災および東京電力福島第一原子力発電所事故をはじめとして、国内外で大きく環境が変化しそれに対応する長期的、総合的なエネルギー政策を遂行する事が必要だと説いています。
我が国の住宅・建築部門のエネルギー消費量は全エネルギー消費量の3割以上を占めるとされ、他部門に比べ増加が顕著であり省エネの強化が喫緊の課題となっています。
基本計画では、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅を目指す」とする目標を設定しました。
そこで、2015年12月に検討委員会によるZEHロードマップが公表され、具体的取り組みが開始されました。

ZEH建築へのインセンティブ

ZEHの周知、普及に向けた理解度の浸透の取り組みをしつつ、コストダウンの努力は当然の事としても高断熱・高効率設備・再生可能エネルギーの導入とコストアップは相当なものがあります。
そこで、経済産業省では「平成28年度住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金」(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業)を創設し、ZEHの普及を後押しする事となりました。
要件を満たす住宅に対し一戸当たり定額125万円を支給するものです。

平成29年度ZEH補助金は一律 75万円/戸 となります。

住いる建築工房のZEHに対する取り組み

エネルギー問題はグローバルな問題であると同時に足元から着実に、じっくりと取り組んでいかなければならない問題だと認識しています。
環境負荷の軽減、住宅の生涯トータルコストの軽減を建築主の皆さんと共に取り組んでいこうと考えています。
そこで、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業の「ZEHビルダー登録」を行う事とします。
以下の事業計画を策定しました。

平成28年度目標 平成29年度目標 平成30年度目標 平成31年度目標 平成32年度目標
ZEH受託率 20% 20% 30% 40% 60%
その他の住宅受託率 80% 80% 70% 60% 40%
合計 100% 100% 100% 100% 100%

対象:新築注文住宅

実績報告
28年度の実績はありませんでした。

29年度の実績はありませんでした。

ZEH普及に向けたロードマップ

ZEH普及に向けたロードマップ

ZEHの概念図(イメージ)

ZEHの概念図(イメージ)

出所)平成26年度補正 住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業)